Last Update : 2022/11/07

本会のご案内

代表挨拶

代表理事の富阪幸子と申します。今年度より代表という重責を担うこととなり、粉骨砕身の気持ちで努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

現在私たちを取り巻く医療看護界は大きな変化の波の中に突入しています。医療技術の進歩と疾患構造の変化に伴い、患者の医療ニーズは拡大し多様化しています。これらのニーズに対応するため、集中治療室だけでなく救急医療や在宅などを含めた「あらゆる場」での水準の高い看護実践が求められており、特定行為研修制度や新たな認定看護師制度(B課程)がスタートしています。また、「医師の働き方改革」を受けて看護師の役割拡大が急速に議論される中、私たち集中ケア認定看護師に寄せられている期待には大きなものがあります。チャールズ・ダーウィンは進化論の中で、「生き残ったものは、最も強いものでも、最も賢いものでもない。最も変化に適応できたものである。」と述べています。集中ケア認定看護師会は、この急激に変化する時代の中、会員の皆様と共に考え、より広くより深い支援をしていきたいと考えています。1999年の発足以降、コロナ禍にあっても臨床実践の質向上を目的として多くの教育コンテンツを提供してまいりました。これからも役員および委員会一同アイデアを出し合い、魅力的で効果的な企画をしてまいります。

名称は集中ケア認定看護師会ですが、クリティカルケア認定看護師の皆様もお迎えし、ひとりでも多くの方々と一緒に活動していきたいと思います。本会への皆様のご入会を、心よりお待ちしています。

2022年11月吉日
一般社団法人 集中ケア認定看護師会 代表理事 富阪 幸子
(川崎医科大学総合医療センター)